採用サイトに対して間違った認識をしていませんか?

採用サイトを作るだけでは応募は増えません。

知名度も人気もある大手企業は「会社名+採用」で指名検索されるので、新規で採用サイトを公開したりリニューアルしたりするだけで、ある程度の訪問者と応募者を見込むことができます。

しかしながら中小企業はそうはいきません。採用サイトを公開するだけでは応募者が増えるどころか訪問者も増えません。社名が知られていない会社は「会社名+採用」などで検索されませんし、それ以外の採用に関するキーワードで訪問者を増やすのはとても難しいのが現状です。

採用サイトの役割は、単体で応募者を増やすためのものではなく、それ以外で行っている採用活動と組み合わせて活用するためのものです。

求人検索エンジンや就職情報サイト、SNSやオウンドメディア(ブログなど)、合同説明会のプレゼン資料や採用パンフレットや名刺に記載したQRコードやURLなど。

これらの採用メディアから採用サイトに訪問してもらえるように採用戦略を考える必要があります。

デザインが綺麗な採用サイトが良いわけではありません。

ふんだんに予算を注ぎ込んで制作したと思われる、派手で華やかでダイナミックな動きのある採用サイトがそれだけで応募が増えるかと言うと答えは「NO」です。

求職者が求めているのはコンテンツです。
仕事内容、働いている社員、待遇や福利厚生、会社の理念や社風、社長について、事業内容や実績など、求職者が知りたいと思う情報を得るために採用サイトに訪問します。

ここで一つ知っておくべきことは、求職者は馬鹿ではないということです。テレビ番組に対して「視聴者を馬鹿にしてる」というネット上のコメントを見たことがあるかもしれませんが、採用サイトにも全く同じことが言えます。

  • クールでカッコいい理念やミッション
  • 綺麗ごとばかりの社員インタビュー
  • 都合のいいことしか書いていない待遇や福利厚生
  • 机上の空論のキャリアパス

求職者は馬鹿ではありませんので「どうせいいことしか書いてないんだろう」「都合の悪いこともいろいろあるんだろうな」と話し半分どころか全てお見通しで受け取っています。

今の時代に必要な採用サイトは
「求職者が求める情報を良いことも悪いことも全て正直にオープンに情報発信すること」
が必要です。

トップページへ戻る

PAGE TOP